任意整理できるのはいくらからいくらまで?

借金問題で悩んで解決方法を調べている人の中には、「自分の借金額だと任意整理で解決できるのだろうか」と不安に思っている人もいるでしょう。

また、任意整理が最適なのは借金額いくらからいくらまでなのかを知って、自分に最適な債務整理を選びたいと考えている人も少なからずいるはずです。

ここでは、任意整理できる借金額がいくらからいくらまでなのかを考えていきます。

⇒⇒⇒⇒仙台で任意整理が得意な【仙台】債務整理相談センター

任意整理できるのは借金額いくらから?

任意整理できるのは借金額が最低いくらから、という具体的な決まりはありません。

「借金の返済が苦しい」「家計を圧迫している」と思ったら、借金額が小さくても任意整理して大丈夫です。

ただし、借金額があまりにも小さいと、減額できる利息の金額よりも弁護士費用や司法書士費用のほうが高くなってしまう可能性があります。

弁護士・司法書士費用の相場は1社につき2万円~5万円程度なので、目安として借金額が20万円以下の場合は費用の方が大きくなってしまうでしょう。

ただし、滞納が続いていて遅延損害金がたくさんついている場合、20万円以下の借金でも任意整理する意味は十分にあります。

任意整理できるのは借金額いくらまで?

任意整理できる借金額はいくらまでというのは、ルールがはっきり決まっているわけではありません。

借金額が大きくても、元本の残高を60回払い程度で返済していけるのであれば、任意整理することは可能です。

自分の借金が任意整理できる金額かどうかを判断するには、借金の残高を合計して、それを60で割ってみましょう。

自分の収入から考えてその金額を毎月支払っていけるようであれば、任意整理できます。

例えば、借金の残高を合計すると90万円になる人の場合、毎月の返済額は1万5000円程度になることが多いです。

自分の家計として毎月1万5000円を支払っても問題なさそうであれば、任意整理でOKということになります。

まとめ

任意整理については、「借金額いくらからいくらまで」という具体的な数字が決められているわけではありません。

「いくらから任意整理するべきか」という疑問への答えは、「返済が苦しければ借金額がいくらでも任意整理していい」ということになります。

ただし、借金額が20万円未満の場合、減額できる利息よりも費用のほうが高くついてしまうことが多いです。

一方、「いくらまでなら任意整理できるか」については、元本の残高を60回払い程度で返済できる借金額であれば任意整理が可能、という答えになります。