任意整理に関する3つの期間を解説

任意整理は債務整理の中で最も短い期間で終わる手続きですが、利息や遅延損害金を0円にしてもらえたり、返済期間を調整してもらえたりと、返済の負担を軽くする効果はしっかりあります。

任意整理を検討している人は、手続き自体にかかる期間・返済にかかる期間・ブラックリストに載る期間の3つを把握しておけば、返済計画を立てるときなどに役立ちます。

任意整理の手続きにかかる期間

任意整理では、手続き自体に2~6カ月程度の期間がかかります。

手続きではまず、弁護士事務所や司法書士事務所に行って事前相談をしてから委任契約を結びます。

委任契約を結ぶとすぐに、弁護士や司法書士が会社側へ「受任通知」を送ります。受任通知を受け取った後は督促をしてはいけないという決まりになっているので、手続きの終了まで借金の返済が一時的にストップします。

同時に、弁護士などが会社側へ取引履歴の開示請求を行い、開示された情報をもとにして借金の金額などを算出する「引き直し計算」をします。引き直し計算までの期間は、相手となる会社の数などによって変わります。

その後、会社側と交渉し、合意できたら和解契約書を結び、任意整理の手続きは終了となります。

任意整理の返済にかかる期間

任意整理の返済期間は人によって様々で、3~10年程度と幅がありますが、多くの場合5年(60回払い)が目安となります。

任意整理では利息がカットされるので、返済期間が長くなるほど毎月の負担は軽くて済みます。

借金額が120万円の場合、返済期間が3年なら毎月の返済額は約3万3000円となりますが、5年なら返済額を月2万円に抑えることができます。

任意整理でブラックリストに載る期間

任意整理後は、ブラックリストに載る期間が5年ほどあります。

「ブラックリストに載る」とは、お金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録される期間のことです。

この期間は、クレジットカードの利用・作成、新規の借金、分割払いでものを買うこと、保証人になることなどができなくなります。

まとめ

任意整理の手続き自体にかかる期間は2~6カ月程度ですが、最初に事前相談へ行って必要な書類を提出した後は、本人がやることは特にありません。

任意整理後の返済期間は3~10年と幅がありますが、5年(60回払い)程度となるケースが最も多いです。

また、任意整理後は約5年のブラックリスト期間があり、クレジットカードの利用など信用が必要な取引に制限がかかります。