自己破産後もクレジットカードは作れる?作る方法を解説

「自己破産をするとブラックリストに載るため、クレジットカードが作れなくなる」という話を聞いたことがある人は少なくないでしょう。

クレジットカードを作れなくなると困るから自己破産したくない、という人も多いと思います。

実は、自己破産をした後もクレジットカードが作れる方法はあります。

この記事では、自己破産で一定期間クレジットカードが作れなくなる仕組みと、自己破産後にクレジットカードを作る方法を説明していきます。

自己破産すると一定期間クレジットカードが作れなくなる

自己破産をすると、お金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されることでブラックリストに載った状態になり、今持っているクレジットカードが利用停止になったり、新規でクレジットカードが作れなくなったりといった制限を受けます。

しかし、自己破産をすると永久にクレジットカードが作れなくなる、というわけではありません。

自己破産の場合、510が経過すれば信用情報機関の情報が削除されてブラックリストによる制限もなくなり、元のようにクレジットカードを作ったり使ったりすることができるようになります。

自己破産後にクレジットカードを作る方法

自己破産後は約510年が経てばクレジットカードを作れるようになりますが、ブラックリストが解除されても特に通知などは来ません。

そのため、自分のブラックリストが解除されてクレジットカードが作れる状態になっているのかを確認するには、信用情報機関に信用情報の開示請求を行う必要があります。

信用情報機関にはJICCCICJBA/KSC3種類があり、JICCCICはインターネット・郵送・窓口にて、JBA/KSCは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けています。

クレジットカードの作成申し込みはあまり何度も行うと信用情報を傷つけてしまうことになるので、確実にクレジットカードを作りたい人は信用情報の開示請求をしっかり行った方がよいでしょう。

まとめ

自己破産すると信用情報機関に情報が登録されてブラックリスト状態になり、約510年間クレジットカードの利用や作成など、信用が必要な一部の取引が制限されます。

自己破産後、確実にクレジットカードを作りたい場合は、まず5年以上の期間が過ぎるのを待ってから、信用情報機関に信用情報の開示請求をしましょう。

信用情報機関にはJICCCICJBA/KSC3種類があり、それぞれに信用情報の開示請求を行う必要があります。