債務整理すると携帯電話はどうなる?滞納についても説明

携帯電話はもはや生活必需品といってもいいくらいなので、債務整理で携帯電話にどんな影響が出るのかは気になるところでしょう。

ここでは、債務整理後に携帯電話が使えるケースと使えないケースについて説明し、債務整理後の新規契約についてもまとめていきます。

債務整理しても携帯電話への影響がないケース

携帯電話の本体代の分割払いが終わっていて、毎月の利用料に滞納がなければ、債務整理してもそれまでどおり携帯電話を使い続けることができます。

また、携帯電話の利用料に滞納がある場合でも、任意整理なら滞納を整理の対象に入れずに他の借金を整理することが可能で、この場合であれば携帯電話が利用停止になることはありません。

債務整理すると携帯電話が使えなくなるケース

携帯電話の利用料を滞納していて、滞納を債務整理の対象に含めると、その携帯電話は使えなくなってしまいます。

滞納があるときに個人再生や自己破産をすると必ず滞納が整理の対象に含まれるので、携帯電話を使い続けることはできません。

また、本体代の分割払いも個人再生や自己破産では整理されるので、同じく携帯電話が使えなくなります。

債務整理後も携帯電話の新規契約はできる

債務整理後に携帯電話の新規契約ができるかどうかは、その時点で滞納が残っているかどうかによって変わります。

滞納が残っているとすべての携帯電話会社で新規契約ができなくなりますが、滞納分の支払いをしたり滞納を債務整理したりして解消した場合なら、新規での回線契約は可能です。

ただし、滞納を債務整理した場合は、その会社に「自社ブラック」として情報が残り続けるため、その会社で携帯電話の新規契約をするのは難しいです。この場合は、他社で携帯電話の利用契約をすれば問題ありません。

まとめ

携帯電話の本体代の分割払いが完了していて利用料の滞納がなければ、債務整理後も携帯電話を使い続けることが可能です。

また、滞納があっても任意整理で滞納以外の借金を整理した場合なら、携帯電話は利用停止になりません。

本体代の分割払いの未払いや利用料の滞納があるときに個人再生や自己破産をすると、必ず携帯電話が使えなくなるので注意してください。

債務整理後は滞納が残っていなければ新規契約が可能ですが、滞納を債務整理した場合はその会社では新規契約できなくなるので、他社で契約するとよいでしょう。