自己破産でブラックリストに載る期間は?消えたか確認する方法も

大きな借金を抱えて自己破産を検討している人にとって、最も気になるのは自己破産のデメリットではないでしょうか。

自己破産の大きなデメリットとしてブラックリストに載るというものがありますが、ブラックリストに載ると具体的にどうなるのか、載った後はどうしたらいいのかについては、正しく知られていないことも多いのが現状です。

ここでは、自己破産でブラックリストに載る期間やデメリット、ブラックリストが消えたか確認する方法について、わかりやすく説明していきます。

自己破産でブラックリストに載る期間とデメリット

自己破産をすると、お金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録され、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

自己破産でブラックリストに載る期間は510年間で、その期間はクレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングなどでの借金、分割払いでスマホなどを購入すること、借金の保証人になること、信販系の保証会社を利用することが難しくなるというデメリットがあります。

ちなみに、クレジットカードが使えないというデメリットについては、支払いをすると即座に代金が引き落とされるデビットカードや、あらかじめチャージした金額を支払いに使えるプリペイドカードを作っておけば、不便さを軽減することが可能です。

自己破産後にブラックリスト状態が消えたか確認する方法

自己破産後は510年程度が経過するとブラックリストが解除されて上述の制限も受けなくなりますが、その際に通知などは特に来ません。

そのため、ブラックリストが解除されたかどうかを確認するには、信用情報機関に自分で問い合わせを行う必要があります

信用情報機関には、JICCCICJBA/KSC3種類があり、JICCCICはインターネット・郵送・窓口で、JBA/KSCは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けています。

まとめ

自己破産をすると、信用情報機関に情報が登録されてブラックリストに載った状態になります。

自己破産でブラックリストになる期間は約510年間で、その間はクレジットカードやローンが利用できない、借金や分割払いができないなどの制限を受けます。

クレジットカードが使えないというデメリットについては、デビットカードやプリペイドカードを作ることで不便さを軽減できます。

自己破産後にブラックリスト状態が消えたか確認するには、信用情報機関(JICCCICJBA/KSC)に信用情報の開示請求をする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です