債務整理後の賃貸契約が心配な人が読む3つのポイント

賃貸住宅に住んでいる人にとって、債務整理で家を追い出されないかどうかは心配なところでしょう。

また、債務整理に伴って賃貸住宅へ引っ越すという人もいると思います。

ここでは、債務整理後の賃貸契約に関する不安を解消する3つのポイントを紹介していきます。

債務整理しても賃貸住宅から追い出されない

債務整理は法律で認められた正式な手続きであり、債務整理をしたからといって今住んでいる賃貸住宅から追い出されるようなことにはなりません。

債務整理について唯一公に記載される書類は国の新聞である「官報」ですが、官報を日常的に読んでいる人はほとんどおらず、自分から話さない限りそれ以外のきっかけで債務整理が周りにバレることはありません。

また、大家や不動産会社に債務整理のことが知られたとしても、債務整理を理由として賃貸住宅から追い出すといったことは法律上認められていません。

債務整理後も賃貸契約することはできる

債務整理をすると信用情報機関に情報が登録されていわゆる「ブラックリスト」の状態になりますが、信用情報機関の情報を見ることができるのは、お金を貸す事業を行っている会社が相手の返済能力をチェックするときだけです。

大家や不動産会社は信用情報機関の情報を見ることができないので、ブラックリストに載ったからといって賃貸契約ができなくなることはありません。

債務整理後に賃貸契約するときのコツ

賃貸契約をするときに利用できる保証会社には、アプラスやエポスカードなどクレジットカード事業も行っている「信販系」と呼ばれる保証会社があります。

信販系の保証会社は信用情報機関の情報を見ることができるため、ブラックリスト中は信販系保証会社の審査に落ちやすくなると言われています。

審査に落ちてしまう場合は、不動産会社などに頼んで信販系でない保証会社を紹介してもらいましょう。

まとめ

大家や不動産会社に債務整理のことを知られる可能性は極めて低いですし、債務整理をしたからといって賃貸住宅から追い出すということは認められていません。

また、大家や不動産会社は信用情報機関の情報を見ることができないため、債務整理を理由として新規の賃貸契約を断られることはありません。

ただし、賃貸契約時に信販系の保証会社の審査に落ちやすくなるので、その場合は信販系以外の保証会社を紹介してもらうとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です